看護師派遣ダブルワーク



常に感謝の言葉を忘れない素敵な患者さんっていますよね。ナースコールがなくても自然と患者さんの元に行きたくなる。それとは正反対に文句ばかりで陰湿ですぐ怒鳴る患者さんもいますが・・・。

病棟で看護師として働いていると、本当にいろいろな患者さんがいるんだな、と思ってしまいますよね。
毎日沢山の患者さんと接していると、患者さんから学ぶ事がとっても沢山あるんですよ。
患者さんは、病気を患っているので、辛さや痛みや不安など、いろいろな事を抱えていますよね。
そのような時でも、看護師に対しても他の患者さんに対しても、いつも明るく振る舞っている方もいるんですよ。
普通だったら、病気で苦しんでいる時に、周りの人の事を思いやる、という気持ちの余裕はないと思うんですよね。
だけど、辛さなどは一切顔に出さないで、いつも笑顔でいる患者さんがいるんです。
毎日ハードな仕事をしていると、ストレスが溜まってしまいますが、そのような患者さんを見ると、とても癒されます。
患者さんに感謝の言葉などをかけてもらうと、心に染みてしまいますよね。
自分たちが患者さんを癒してあげなくてはいけないのに、患者さんに癒されてる感じです。
もし自分がこの患者さんのような立場だったら、明るく笑顔で振る舞っているなんて事は、とてもできないと思いますよ。
本当にステキな患者さんですよね。

でも正反対の患者さんもいるんですよね。
やたらと文句ばかりつけてきて、他の患者さんにも迷惑をかけて、クレームばかり言っている患者さん、
そのような方は大人気ないと思ってしまうし、こちらの気分が落ち込んでしまいます。

実にいろいろな患者さんがいますが、私はイヤな患者さんでも、良い経験だと思って割り切るようにしているんですよ。
そうする事で、反面教師として学ぶ事ができるんですよね。
患者さんと接するのは大変ですけど、毎日勉強になっていますし、看護師として大きく成長する事ができていると思います。

2014年11月 4日|

「こんな経験の浅い看護師は認めない!」とクレームを出された事があります。看護師歴10年目の事です。訪問看護では患者さんは看護師に対する目が病棟以上に厳しい世界です。

病棟で働いていると、毎日の忙しい業務に追われてしまうばかりで、患者さんと関わりを持つという時間を、
なかなか取る事ができません。
私は、患者さんと深く関わる仕事がしたいなと思い、病棟勤務から訪問看護の仕事に転職しました。
病棟で働いている時には、急性期の職場という事もあり、毎日目まぐるしい忙しさで、
患者さんの訴えを聞く事ができませんでした。
重症度が高い患者さんが沢山入院していましたから、仕事自体はやり甲斐があったんですが、これでいいのかなと思い、
暫く自分の中で葛藤していました。
そして、散々悩んだ結果、訪問看護の仕事を選択しました。
看護師10年目の時でした。

訪問看護の仕事は、病棟とは違い独特だから難しい、という話しは聞いていましたが、実際に働き始めて、
思っていたよりも厳しい事を実感しました。
在宅で長い間患者さんの介護をしている家族は、勉強していますから、患者さんの病気や治療についてすごく知識を持っています。
ですから、看護師に対する目もとても厳しいんです。
看護師の事をとても良く観察していて、少しでも不安に思う事があると、信頼関係を築く事ができませんから、
ダメだしをされます。
訪問看護をする上で一番大切なのは、お互いの信頼関係を築く事です。
信頼関係がなければ、スムーズに看護をする事はできません。
私は、看護師10年目なのに、こんな経験の浅い看護師は認めない、と言われた事があります。
病棟で10年間も経験を積んでいて、知識もあるつもりなのに、一人前だと認めてもらう事ができないんです。
年配で看護師の経験があればいいというわけではないんです。
訪問看護の仕事は厳しいんですが、その分、病棟とは違う多くのやり甲斐を見つける事ができます。

2014年11月 4日|

仕事のストレス、病気の不安や恐怖やストレスなどを看護師に当たる事で発散させる方っていますよね。言い返さないと分かっている相手には強く出る・・・。悲しいけど実際いるんですよ!

大きな病気に掛からなくても、ちょっと体調が悪くなっただけで、気持ちが沈んでしまいますよね。
入院している患者さんというのは、大きな病気を抱えている方ばかりですから、いろいろなストレスを抱えていて、
不安や恐怖もとても大きいんです。
完治できる病気であれば、将来の希望を持つ事ができるので、辛い治療や検査にも、
我慢して耐える事ができると思うんです。
でも、完治する事がない病気にかかってしまったら、将来の希望なんてありませんよね。
そのような状態の患者さんは、悲しみにくれてしまいます。
まだまだ働き盛りの若い方だったら特に、家族の心配や会社の事など、悩みは尽きませんよね。
入院している患者さんは、皆さんそのようなストレスや恐怖、不安を沢山抱えている状態で、
闘病生活を送っているんです。

そのような気持ちで闘病している患者さんの気持ちは、とても良く分かっているつもりだし、理解しています。
でも、そのストレスを看護師に当たる事で発散されると、かなり辛いですね。
看護師って、患者さんに暴言を吐かれても、暴力を振るわれても、言い返したりする事はできませんよね。
言い返したいと思う時があっても、それは看護師として許されない事なんですよ。
そのような事をわかっているから、患者さんはとても強気なんです。
何だか悲しくなってきます。

私達は、患者さんに対して、気持ちを理解しよう、出来る限りの事をしようと、いつも心がけているんです。
私達のそんな気持ちも、分かってもらいたいと思うんですよね。
看護師だって人間なんだから、傷つく事もあるし、弱いところもあるんです。
患者さんから怒鳴られたりしたら、傷ついてしまうんです。
患者さんと同じ人間なんだという事を、わかって欲しいですよね。

2014年11月 4日|

看護師をしていても我が子の病気にはドキドキしてしまいますね。子供が病気になるたびにアタフタする私は「お母さんが看護師さんだと安心ね〜」って、よく保育園のママ友さんたちに言われるのですが・・・。

看護師は医療に関しての知識や経験があり、病院では、患者さんが急変になった時でも、冷静に対応しています。
慌てる事などはありませんし、常に的確な対応や処置をしています。
そのような事からも、看護師だから、自分の子供が病気になったり具合が悪くなった時にも、
冷静に対処する事ができるから安心、と一般の方には思われています。
私の子供は、現在保育園に通っているんですが、保育園のママ友からいつも、お母さんが看護師だから安心ね、
と言われているんです。

でも、実は私は、自分の子供の事になると、全くダメなんです。
病院では、何があってもあんなに冷静に対処できるのに、自分の子供がグッタリしていると、
不安になってドキドキしてしまいます。
自分が独身だった頃には、子供の病気でアタフタしているお母さんを見て、もっと落ち着いたらいいのに、
といつも思っていたんです。
でも、自分がお母さんの立場になってみて、その時の慌てているお母さんの気持ちがとても良くわかりました。

私の子供は、熱性痙攣を起こすんです。
始めて熱性痙攣を起こした時には、冷静さなんて全く失ってしまい、救急車を呼んでしまいました。
それに喘息も持っているんですが、季節の変わり目や冬場など、喘息が酷くなってしまい、
一晩中発作が続く事もあるんです。
そのような時には、とても苦しそうで、そのまま呼吸困難で死んでしまうのではなかと思ってしまい、
目が離せなくなってしまいます。
義母にはいつも、看護師なんだからもっと落ち着きなさい、と言われています。
自分では分かっているんですが、いつも悪い事ばかり考えてしまいます。
皆さんの言う通り、看護師なんだからもっとしっかりしなくてはいけない、と思います。

2014年11月 4日|

雑務が多い看護師の仕事。看護師じゃなくても出来る仕事が多すぎて、本来必要なケアができない・・・。残業が多い・・・。

病棟勤務、特に急性期の病棟で働いていると、重症度の高い患者さんばかりで、急変や緊急手術も多く、一日中、
病棟内を走り回っている感じです。
病棟内には終末期の患者さんも多く、傍に寄り添って、看護師として心のケアをしたいと思っても、日ごろの業務の忙しさで、
患者さんによりそう時間をなかなか取る事ができません。
看護師として、もっと関わりを多く持ちたいと思うのに、上手くいかず、もどかしい思いをしている方は沢山いるんです。
忙しい職場で働いていると、対応に追われてしまいますから、カルテを入力する時間もなかなか取る事ができません。
カルテを入力する為に残業する事も多々ある状態です。

看護師の仕事の中には、看護師でなくてもできる業務というのが沢山あります。
例えば、入浴や清拭、食事介助や入浴介助、オムツ交換、体位交換などの日常的なケアや、シーツ交換やベッドメイク、清掃などは、
看護師の資格を持っていなくてもできる仕事です。
そのような雑務がなければ、看護師は看護師としての仕事に専念できて、もっと患者さんに寄り添えるケアができると思いませんか?

例えば、大規模な病院などは、看護助手やヘルパー、介護士の人数が充実していて、
看護師としての業務に専念できる環境を作っているところもあります。
でも、それは一部の職場だけだと思います。
中小規模の病院の場合には、なかなかそこまでの体制を整える事はできません。
看護師が看護の業務に専念する事ができれば、間違いなく残業を減らす事ができると思うんです。
それに、気持ちに余裕ができるので、ギスギスする事がなく、人間関係も良好になると思います。
今後、看護師が働きやすい環境を整えた職場が、もっと増えてくれる事を期待しています。

2014年10月21日|


ショッピングカート サプリメントの選び方 おすすめオーディオ NKI PR-Link カウンセラー